これから受ける方に必要

女性

事前に知っておく事はリスク回避にもなる

ボトックス治療は美容整形外科クリニック等で受ける事ができます。美容クリニックや美容整形、ビューティークリニック等名称が様々ですが、ネットで検索する事で簡単に見つける事ができます。美容クリニックで治療を受ける際は、事前に診察を受ける日を予約しておく事が必要です。カウンセリングが必ず行われるのですが、それは医師と必ずする事が決められています。直接突然行っても医師に予定がありカウンセリングを受けられない事も多々あります。ホームページから予約するか電話で予約する事が最初に行う申込みになります。カウンセリング時に持参するものはお薬手帳があれば必要です。ボトックス治療は副作用はありませんが、医療施術なので現在服用している薬との関係や持病によって副作用が誘発される可能性もあります。自身の状態や希望も含め、医師に伝える準備を行っておく必要があります。カウンセリングで医師と最適の方法等を決め、ボトックス治療を受ける事になると同意書に署名を求められます。同意書にサインし施術日を決めたら終了です。

ボトックス治療は切らない美容整形として注目されていますが、その作用機序や治療内容について事前に知っておく事は大切です。自費診療になるので自己責任と言う事になりますので、クリニックに任せきりにしない姿勢が重要です。ボトックス治療はボツリヌストキシンと言う薬剤を気になる部位に注射器で注入する治療内容です。ボツリヌストキシンは世界中で使用されており、副作用の報告はありません。この副作用のない安全な治療薬と言われているのは、アラガン社製ボツリヌストキシン製剤を指します。日本では厚生労働省も認可していますが、その唯一認可されているのはアラガン社製ボツリヌストキシンです。ボトックス治療ではボツリヌストキシン以外の薬剤を使用する事は決してありません。他の種類はない薬剤ですが、正規品と言われるアラガン社製とジェネリックがあります。ジェネリックは正規品と同成分同効果の薬剤ですが、製造会社は異なります。正規品より選択すると薬価が安いので半額以下の治療費で済みます。

Copyright© 2019 いい病院で施術してもらいましょう。安全ですが整形中毒にならない範囲でするようにしましょう。 All Rights Reserved.