薬剤の背景を知る

エステティシャン

ジェネリックという選択肢

安全で副作用のない薬剤であるボツリヌストキシンを注入するだけの治療であるボトックス治療には、2種類の薬剤が存在しています。ボトックス治療で使用する薬剤はボツリヌストキシンのみではありますが、正規品と言われるものとジェネリックがあります。正規品と言われるボツリヌストキシンは、アラガン社製を指します。これは日本のみならず世界からも認められている事で、医療現場で使用されていた頃からも安全性が確立されて認められているのがアラガン社製です。特許を取得ししていましたが特許期限が切れた事で、ジェネリックが解禁になり、各国の製薬会社等でジェネリック製剤が作られる様になりました。ジェネリックは正規品を基に開発された同一成分同効果の薬剤で、開発費が正規品より大幅に削減できているので安く流通可能なものです。ボトックス治療を受ける際に、ジェネリックか正規品のアラガン社製かを選択する事ができます。日本では厚生労働省が副作用のない安全な薬剤として認めているのはアラガン社製のみですが、世界中でジェネリックは使用されています。

日本の薬事法は世界基準からみても厳しいので、ジェネリックは認可されにくい現状ではあります。ジェネリックを選択する事で得られる利点もボトックス治療ではあります。ボトックス治療は副作用やダウンタイムがほぼなく、安全で日常生活に支障を及ぼさず美容希望を叶える事ができます。効果期間は永久ではなく半年程であり、効果を持続させる為には定期的に再治療を受ける必要はあります。これは逆に元に戻せる事を意味するので、受けやすい美容整形術として人気です。美容目的の医療施術には保険は適応されないので、風邪などの受診や治療の様に1割から3割負担にはなりません。10割全額自己負担になり、ボトックス治療の全国相場は1部位3万円から6万円程です。それが効果継続には約半年毎に必要になります。継続利用するボトックス治療で、保険適応外の事から費用軽減方法の1つにジェネリックがあります。ジェネリックでは治療費は1部位1万円程と正規品製剤の半額以下で治療が受けられます。ジェネリックは副作用について安全性が確立されたとは言い切れませんが、クリニックの判断で取り入れています。医師の説明を聞き検討すると良いでしょう。

Copyright© 2019 いい病院で施術してもらいましょう。安全ですが整形中毒にならない範囲でするようにしましょう。 All Rights Reserved.